株式会社ルーチェスタイル

医師事務作業補助者
養成講座

多忙な医師を支えるための知識と技術を身につけましょう。

コース名(日程と時間)

オンライン受講は日本全国どこからでも受講していただけます。

2021年6月開講 土曜コース(通学受講・オンライン受講を選択)

6/5(土)、6/12(土)、6/19(土)、6/26(土) 各日10:00~17:00

2021年6月開講 日曜コース(通学受講・オンライン受講を選択)

6/27(日)、7/11(日)、7/18(日)、8/1(日) 各日10:00~17:00

2021年7月開講 土曜コース(通学受講・オンライン受講を選択)

7/3(土)、7/10(土)、7/17(土)、7/24(土) 各日10:00~17:00

2021年7月開講 土日コース(通学受講・オンライン受講を選択)

7/31(土)、8/7(土)、9/5(日)、9/12(日) 各日10:00~17:00

2021年9月開講コース(通学受講・オンライン受講を選択)

日時は未定です。決まり次第、掲載いたします。

カリキュラム

研修総時間数

32時間
(研修講義 24時間、研修レポート 8時間)

内訳

医師事務作業補助総論 1.5時間
医療保険制度 1時間
医療関連法規 2時間
個人情報保護法 1.5時間
医療安全 2時間
薬事関連法規 2時間
医療内容と医学基礎知識 10時間
診療録と電子カルテ 2時間
医療文書作成 10時間

対応する資格試験

・医師事務作業補助者検定試験
・医師事務作業補助者実務能力認定試験
・医師事務作業補助者技能審査試験

開催場所

〒651-0085 神戸市中央区八幡通3-2-5-3 ルーチェスタイル資格スクール(各線三宮駅から徒歩5分)
※オンライン受講の方は来校の必要はありません。

受講料

19,800円(税込)
※ 教材費を含みます。
※ 資格試験受験費用は含みません。

申込み締切

各コースとも、開講初日の7日前。
※ただし、定員に達し次第、申込みは締め切らせていただきます。

備考

各コース3名以上で開講いたします。
最少人数未達により開講されなかった場合の受講料は、全額を銀行振込にて返金いたします。お申込者側からのキャンセルの場合は返金はいたしません。

お申込みフォームの送信が済んだ方へ

受講料のお支払いをお願いします。
クレジットカード払いの方はこちら

銀行振込の方は下記へ
三井住友銀行 
支店名 : 三宮支店(店番号410)
 普通 : 9278179
 名義 : カ)ルーチェスタイル

お支払いが済んだ方へ

以下の要領で来校(または視聴)してください。

開講日初日について

2021年6月開講 土曜コース(通学受講)の方: 2021年6月5日(土)
10時00分(9時30分から入室可)
2021年6月開講 土曜コース(オンライン受講)の方: 2021年6月5日(土)
10時00分(9時30分から視聴可)
2021年6月開講 日曜コース(通学受講)の方: 2021年6月27日(日)
10時00分(9時30分から入室可)
2021年6月開講 日曜コース(オンライン受講)の方: 2021年6月27日(日)
10時00分(9時30分から視聴可)
2021年7月開講 土曜コース(通学受講)の方: 2021年7月3日(土)
10時00分(9時30分から入室可)
2021年7月開講 土曜コース(オンライン受講)の方: 2021年7月3日(土)
10時00分(9時30分から視聴可)
2021年7月開講 土日コース(通学受講)の方: 2021年7月31日(土)
10時00分(9時30分から入室可)
2021年7月開講 土日コース(オンライン受講)の方: 2021年7月31日(土)
10時00分(9時30分から視聴可)

通学受講の方(教室の場所)

教室: 兵庫県神戸市中央区八幡通3-2-5-3階
(エレベーターを3階で降りて左へ進み、「ルーチェ」看板の部屋が教室です。)

オンライン受講の方(視聴方法)

zoom(ズーム)というアプリを使用して授業をライブ配信します。教材は前日までにご自宅に送付します。視聴方法は登録メールアドレス宛にお送りします。

開講日の準備物

・ ご本人確認書類(免許証など)
・ 筆記具
・ 教材持ち帰り用のカバン等

証明書の発行(医療機関の皆様へ)

「医師事務作業補助者研修 修了証明書」の発行が可能です。
受講生様経由または メールinfo@lucestyle.jp でお申し付け下さい。

修了証明書一式(医師事務作業補助者研修実施報告書、貴院宛修了証明書、実施カリキュラム一覧、出席簿写し、受講者様宛修了証写し)
貴院での出張研修も承ります。メールinfo@lucestyle.jp でお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

お問い合わせは、メールinfo@lucestyle.jp で承ります。

(株式会社ルーチェスタイル 担当:前田)

これから医師事務作業補助者の学習を始めるみなさんへ(講師から)

医師の本来の仕事は「患者の診療(診察・診断・治療)」であることは、言うまでもありません。

しかし、現実には、診療に付随する様々な業務をされています。
例として、カルテへの入力、処方箋への薬剤の量や服用方法の入力、患者から依頼を受けた診断書の作成、次回診察や検査日程のオーダー、保健所や社会福祉事務所など、公的機関に提出する書類の作成、患者やその家族への病状や治療方針の説明、入院や手術に先立った説明、診療報酬明細書の確認、学会への参加、ケース会議やカンファレンスへの参加など、挙げればきりがありません。

医師の仕事の中の、書類などの整理・作成・入力等、事務的なものを「代行」する仕事。それが医師事務作業補助者の仕事です。
当然、医師事務作業補助者が、自分の判断で勝手に書類を整理・作成・入力してはいけません。医師の指示や確認を受けることが条件です。

医師事務作業補助者が医師の事務作業を代行・補助することによって、医師の負担を軽減し、本来の仕事である診療に専念・集中できるようにすること、それが医師事務作業補助者の役割であり使命です。

医師事務作業補助者は、2008年度(平成20年度)の診療報酬改定において、配置するための要件と体制が整っている医療機関は、配置することに対して、診療報酬上の加算(医師事務作業補助体制加算)として評価されるようになりました。この加算により、医師事務作業補助者の人件費が捻出できるようになり、配置もしやすくなりました。
この加算が新設されて以来、医師事務作業補助者は次第にその数を増し、医師の負担軽減に貢献するようになりました。今後の活躍がますます期待される職種といえます。

医師の仕事に関わる事務作業のため、学習範囲はかなり多岐にわたり、規則や制度・法規だけではなく、医学や薬学、診療録から書類を作成する際のルールまで学習することが必要となります。

それぞれの事務作業が、どの制度のものか、どの法律と関連があるのか、目的に沿った書類はどう記載すれば良いのかを理解したうえで、さらに、それが独立した仕事ではなく、他の部署や担当、提出先と繋がっていることを意識して業務ができるように、知識を深めていってください。

実績 (過去の受講者の所属)

尼崎総合医療センター、大阪市立総合医療センター、大阪大学医学部附属病院、春日病院、北野病院、京都きづ川病院、神戸女子大学、甲北病院、国立循環器病研究センター、市立池田病院、新須磨病院、聖隷淡路病院、中山クリニック、日本生命病院、松下記念病院、南和歌山医療センター、由井病院 (敬称略・五十音順)